その3 ワイン

 うんちくはまるで無いのです
 ただ 軽くて爽やかな白ワインが好きです とくにドイツワインとフランスのアルザスワイン、イタリアワイン


 MY ベスト  (リピートしてるもの)

  1. Scharzhofberger (Sp,Kab)   : Mosel-Saar-Ruwer  Egon Muller
    香り、味ともに好きな逸品 カビネットは食中にシュペトレーゼは食後? でもこれはどちらでもOK
  2. Schloss Johannisberger (Sp) : Rheingau
    1.よりも若干早熟のような感じがする けど爽やか 
  3. Piesporter Goldtropfchen (Aus) : Mosel-Saar-Ruwer Haart
    豊潤 アウスレーゼだからかもしれないが 、後味はすっきり
  4. Gewurztraminer : Alsace Trimbach
    とにかくさわやか 通常摘みの方がこの品種には合っているような気がする ヴァンタンジュタルティブも有名だけど私にはヘヴィー
    ヘレンベルグのものもいいと思う 
  5. Moscato D'Asti : Piemonte Italia  Cascinetta Vietti
    スプマンテよりも発泡が弱いので甘く感じてしまうかもしれない よく冷して飲みたい   銘柄によって甘さのきついものもある
    Viettiのものはその点いい ビンもおしゃれ? (女の子と一緒だと更に....幸せかも)
    Viettiのものが手に入りにくくなったので見つけたのが La Spinetta BriccoQuaglia 度数は低いが...Good


    過去に飲んでもう一度と思っていてなかなか手に入らないもの
   イタリアワイン トラミナー(白)
      ---これは殆ど始めてボトルで頼んだワイン、六本木のボルサリーノで....ペンネクワトロ最高!---
   フランスワイン エルミタージュ(白)
       ---こっちは同じく六本木のTERAZ?だったと思う 料理は...すいません忘れました。
    フランスワイン グランポルテ(赤)
      ---鴨に合わせた1本 六本木のブラッスリーベルナール コンフィもなかなかだけど
        ホタテ貝のプロバンス風は美味 デザートが美味しければもっと最高なんだけどなあ


   ちょっと昔話
    BB以外は今はお店が無い、ボルサリーノが無くなったのは随分昔だけどその頃手札の少ない私にとって痛手だった
    料理雰囲気対応すべてが良く、自信を持って紹介できる店だったから...TERAZは夜景が綺麗だったし

  いいことがあったときに.......とストックしてる5本

写真 左から シャトー・モーカイユ(赤)、アルザス・ゲヴァルツトラミナール トリムバック1990
ピースポーターゴールトトレプヒェン・アウスレーゼ、必殺 モスカートダスティ
そして愛すべき シャルツホフベルガー・シュペトレーゼ
 


         Steinberger (sp):Rheingau Kloster Eberbach  
         Berncasteler Doctor (K):Mosel-Saar-Ruwer Wwe.Dr.H.Thanisch Muller-Burggraef
         
( Steinbergerはカビネットの印象が平凡だったのでシュペトレーゼに期待 
         Berncasteler Doctorはネームバリューはすごいのですが....シュペトレーゼは入手困難?)

         

                    左から シュタインベルガー・シュペトレーゼ、ベルンカステラードクトール・カビネット
                         シュロスヨハニスベルガー・カビネット(リピートしてます)

  思い出したように更新:
定番から冒険をしたくなった今日この頃



左は ブリーデラー ヘルツヒェン・シュペートレーゼ (モーゼル 2007)
あまり知られてないがこの醸造所 あなどるなかれ

右は珍しいゲダルティン グヴュルツトラミナー・カビネット(プファルツ 2007)
ゲヴァルツトラミナーは、なにもアルザスだけじゃない、ただしドイツだけに
リースリングと同じような仕上げでドライじゃなく甘口になってます




こちらはローゼンでもメンヒフォフでもない
エリーザベト・クリストフェル・ベレスのエルデナープレラート(モーゼル 1997)
しっかりキープして そろそろ飲み頃
ただ エリザベート醸造所閉鎖前の最後の年の作品だけに....呑むタイミングが難しい

  
左は La Spinetta Moscato D’asti なかなかです
右は珍しいニュージーランド産リースリング(ハーフボトル) 香りは平凡だが味わい深い


to TOP